Artist 参加アーティスト紹介

Eliko FLighT[写真]
facebookをご利用の方は
こちらのボタンから投票できます。

Eliko FLighT

Ambient Chill out

13歳より独学でフルートを始め、桐朋学園大学音楽学部演奏学科フルート科卒業後ベルギーに渡り、ブリュッセル王立音楽院を最高得点を得て卒業。
同時に国家演奏家資格を取得する。
同音楽院在学中、2006年、ベルギーのミュージックマネージメントカンパニーにアーティストとして登録し、ベルギー・イクセルコミュンが主催する「若き音楽家のためのリサイタル」に招かれ成功をおさめ、ベルギーの女性誌「働く女性」に掲載され、「何と美しい音楽を奏でるミュージシャンだろう・・・」と好評を得る。
2007年2月スイスのローザンヌにて室内楽のコンサートを行い好評を得る。とくに現代音楽への感心が深くヨーロッパ人作曲家、アジア人作曲家の初演活動をヨーロッパ諸国にて行う。
その頃、アントワープのファッション業界との交流を経て、ヨーロッパのジャスやクラブミュージックシーンとの交流も開始する。
2007年ファーストアルバム「eliodarc」のリリースと同時に拠点を東京に移し世界5大ファッションショーである「東京コレクション」にフルート奏者兼モデルとして参加。
また阿川佐和子氏から「こんなに力強いフルートの音色を 聴いたのは初めてである。」とのコメントをもらうなど各界で、従来のフルートの演奏概念を超える男前の演奏ぶりが話題となる。
2009年アメリカ・ニューヨークで、9.11追悼祈念コンサートに招聘され、各メディアに注目される。
2010年 沖縄・宮古島で行われたミュージックコンベンションに参加。
その後スキルを磨くために様々なレコーディング、幅広いジャンルのライブ、セッション等にて活動を行う。
2013年 新プロジェクト FLT DECK の立ち上げと同時にソロ活動での名前をEliko FLighTと戒名。
今年春より ヨーロッパでのFLT DECKファーストデビューライブと共に国内外問わず活動を開始する。

11/28 出演メンバー

Eliko FlighT(fl)
Trip(beat boxer)
赤座 仁(g)
篠宮光一(b/ from Dopalfin)
Bond-crossing(dancer) Masumi(dancer)

9/26 出演メンバー

Eliko FLighT(fl)
堀越 昭宏(p, Electronics)
Yurai(vo)
棚橋 俊幸(b)

6/20 出演メンバー

"FLT DECK (フライト デック)"
Eliko FLighT(fl)
Kay Nakayama(DJ,producer)
Mio Abe(vln)
Miho Inagawa(Harp)
Makoto Otsu(ds)

FLT DECK(フライト デック)※ 6/20 出演
FLT DECK

2013年5月より始まる「Eliko FLighT」 と「Kay Nakayama」 による世界発信新プロジェクト。
国内外問わず様々なゲストミュージシャンを迎え、アンビエント、チルアウト、ブロークンビーツなどをベースとした独自の世界観を形成。今年春、ヨーロッパでのオープニングアクトを皮切りに世界デビューが決定。

Kay Nakayama ※ 6/20 出演
Kay Nakayama

1964年東京生まれ。CHILLSCAPE主宰。多摩美術大学在学中より映像と音楽を同期させたインスタレイションをギャラリー、クラブで発表。その後、チル・アウトDJとして国内外で活躍。オリジナル・トラックはヨーロッパから数多くリリースされ、イギリス映画にも起用される。ジャズ・フィールドではINTELLIGENT JAZZとして、神保彰、日野皓正、渡辺香津美、近藤等則ら、トップ・クラスのジャズ・ミュージシャンとコラボレイト。チル・アウト・フィールドではSOMETHING WONDERFULとしてミックス・マスター・モーリス、レニー・イビザール[カフェ・デル・マール]、JIMPSTER、キム・カスコーン、ビル・ラズウェル、細野晴臣らとインターナショナルなコラボレイトを展開。また、GARCIA MARQUEZ gauche,TAG Heuer Japan,And A,Paul Smith Japan,Deepspacetime San Francisco,Ozon Community,Rupert,Yamaha,Pioneer,Bentley Japan等の幅広いブランドともコラボレイトを展開している。
また2013年春より新プロジェクト「FLT DECK」のヨーロッパでのファーストデビューライブと共に国内外問わず活動を開始する。

ページトップへ戻る