Artist 参加アーティスト紹介

石井裕太&島裕介クインテット[写真]
facebookをご利用の方は
こちらのボタンから投票できます。

石井裕太&島裕介クインテット

Jazz
10/17 出演メンバー

石井裕太(ts,cl)
島裕介(tp,flh/ SilentJazzCase, Shima&ShikouDUO)
魚返明未(p)
横田健斗(b)
山田 玲(ds)

4/18 出演メンバー

〜ハードバップ・リバイバーズ~
石井裕太(ts,cl)
島裕介(tp,flh/ SilentJazzCase, Shima&ShikouDUO)
平戸祐介(p/ quasimode)
横田健斗(b)
山田玲(ds)

石井裕太
石井裕太

1990年、山梨県生まれ。中学校の吹奏楽部でクラリネットを始め、高校時代も吹奏楽部を続ける。大学入学をもってジャズに転向。明治大学の学生ビッグバンド・Big Sounds Society Orchestraに入部、テナーサックスを吹き始める。同サークルで多くの演奏機会に恵まれ、その中でサックス/クラリネットプレイヤーへの道を志す。
2012年第43回山野ビッグバンドジャズコンテストにおいてテナーサックス/クラリネットのソロで最優秀ソリスト賞を受賞(バンドは3位・優秀賞)。第17回太田市大学ジャズフェスティバルで優秀ソリスト賞を受賞。
2012年11月ビクターからリリースしたSilentJazzCase(島裕介)プロデュース作品「Jazz The Rocks」演奏参加をきっかけに、本格的にプロ活動をはじめる。

島裕介
島裕介

トランペット(その他金管楽器), プロデュース, 作編曲。
2002年からプロ活動を開始する。
これまでにオリジナルアルバム5作、カヴァーアルバム9作をリリース。
その他 250タイトルを超えるアルバムにトランペッターとして参加している。
リーダーユニット"Shima&ShikouDUO"では、トランペットとピアノというシンプルな編成でありながら,叙情的・情熱的な演奏が全国話題となる。
FujiRockFestival07' に出演。最初数十名だった観客が、最後アンコール時には1500人程になるというパフォーマンスを果たし、大きく話題となった。
2008年1月 2ndアルバム「Road To The Deep North」を発売。タワーレコードJ-JAZZチャート1位を獲得。海外ラジオ番組でもオンエアされる。
2009年4月 ビクターより3rdアルバム「Poetry」をメジャーリリース。
2012年4月 4thアルバム「呼吸」をリリース。全国20ヶ所ツアー敢行。夏に放送されたNHK-FMの1時間特番は大きく話題となった。
2009年からプロデューサー名義"SilentJazzCase"としても活動をはじめる。iTunes限定でリリースされたR&B・HIPHOPカバーアルバム『Jazzin'R&B』は、ジャズアルバムとしては異例のロングヒットを記録する(2010年間総合ランキング40位、ジャズ部門1位)。i-tuneの人気カヴァーシリーズとなる。1stオリジナルアルバム『SilentJazzCase』を2010年6月に発売。レコーディング・エンジニアも自ら行い、国内外で高い評価を得る。
その他、EGO-WRAPPIN', 畠山美由紀, Bluey(Incognito), 沖仁, Saigenji, オレンジペコー, パリスマッチ, 一青窈, などのアーチストのツアー・録音に参加、CM「そうだ京都行こう」2011年秋バージョンでのトランペット演奏など、多くのCMレコーディングも行っている。
その他、執筆活動として「JazzJapan」(元スイングジャーナル誌)の連載、管楽器と歌をコンセプトとしたレーベル"MOS Sound"を主宰しアーチストプロデュースを積極的に行っている。

ページトップへ戻る